リフォーム施工例

横張りだったサイディングを縦張りにイメージチェンジ 雰囲気の違いをお確かめください

スウェーデンハウスの窓枠及び外壁で悩んでいる方はご相談ください。(外壁塗装・張替リフォーム)

お客様のご要望

上記の画像は施工前で横張り窯業系の外壁材す。
①現在の外壁を残す。②木製窓枠等の腐れ対策。 ③施工後は汚れが目立たず、メンテナンスがしっかりしていること。

施工のポイント

メーカー:アサヒトステム 材料名:ガルスパン カラー:ダークグリーン
 現在のイメージを変えないように配慮して材料の色を探しました。既存は横張りタイプのサイディングですが、ちょっとだけ冒険をさせていただき縦張りに変更してみました。木の窓廻りの腐れ対策として板金巻を選択しました。とても手間の掛かる内容ですが木枠全て厚み30㎜プラスしてからホワイトで板金加工しました。(同じように悩んでいる方はお気軽にご相談ください。)

お客様の喜びの声

出来上がりは思っていたより良く大満足です、これから安心して暮らせます。

(下記の画像はクリックすると拡大します)

施工例写真

  • とても『オシャレでカワイイ』ご住宅です。皆様もご存じのハウスメーカーです。とても『オシャレでカワイイ』ご住宅です。皆様もご存じのハウスメーカーです。
  • 窓の木枠の傷み具合と寸法確認窓の木枠の傷み具合と寸法確認
  • 木のバルコニーのある窓下は雪害により、一度外壁を補修張替しております。木のバルコニーのある窓下は雪害により、一度外壁を補修張替しております。
  • 既存の木の窓枠の厚みをプラス30㎜予定既存の木の窓枠の厚みをプラス30㎜予定
  • 見た目よりも、2階も同じく窓枠の傷みがあります。見た目よりも、2階も同じく窓枠の傷みがあります。
  • 窓枠の内側も傷みがあります。約10㎝を板金で巻き込みます。
もちろん内側の腐った木の部分は取替致します。窓枠の内側も傷みがあります。約10㎝を板金で巻き込みます。
    もちろん内側の腐った木の部分は取替致します。
  • 窓枠に30㎜をプラスした状態です。窓枠に30㎜をプラスした状態です。
  • 縦張りのサイディングの場合は胴縁下地材を横に張って行きますが、通気ができるように通気の隙間(四角い穴があります)を作ってます縦張りのサイディングの場合は胴縁下地材を横に張って行きますが、通気ができるように通気の隙間(四角い穴があります)を作ってます
  • 出隅も同じく30㎜プラス。出隅も同じく30㎜プラス。
  • 下地材が終わると最後の板金巻をします。下地材が終わると最後の板金巻をします。
  • 板金巻の施工前(内側の腐った木も取替完了しております。板金巻の施工前(内側の腐った木も取替完了しております。
  • 板金巻の施工完了です、どうでしょうか?綺麗な仕上がりですね・。
これで今後の腐るような心配が解消されますね。板金巻の施工完了です、どうでしょうか?綺麗な仕上がりですね・。
    これで今後の腐るような心配が解消されますね。
  • こっちも板金巻の施工前です。こっちも板金巻の施工前です。
  • 板金巻きの完了です。板金巻きの完了です。
  • こちらも全体の窓枠の木下地完了。こちらも全体の窓枠の木下地完了。
  • こちらも全体の窓枠の木下地完了。こちらも全体の窓枠の木下地完了。
  • 以前はスターターのホワイトは無かったんですが、今回はスターターもホワイトにしますた。以前はスターターのホワイトは無かったんですが、今回はスターターもホワイトにしますた。
  • バルコニーの出口のドアも傷んでましたので、ホワイトのアルミパネルを貼ったので今後の傷みもの心配はありません。色の具合はどうでしょうか?横張りから縦張りに変更しても違和感は全くないですね!『引き続き一度ページを閉じてから外壁サイディング/ガルスパン縦張り工事②もご覧下さい。』バルコニーの出口のドアも傷んでましたので、ホワイトのアルミパネルを貼ったので今後の傷みもの心配はありません。色の具合はどうでしょうか?横張りから縦張りに変更しても違和感は全くないですね!『引き続き一度ページを閉じてから外壁サイディング/ガルスパン縦張り工事②もご覧下さい。』
完成したこちらのお住まいの施工写真はこちらをクリックしてご覧ください。
深い緑色が周囲とマッチ 白いサッシが外壁より出ていることにご注目ください